「SDGs PBLプログラム実践発表」 神奈川大学国際寮 栗⽥⾕アカデメイア入寮学⽣

– 配信時間 –

 10:30~12:00

– サマリー –

2020年度グッドデザイン・ベスト100を受賞した、神奈川大学国際寮”栗田谷アカデメイア”

本学では、「まちのような学生寮」をコンセプトに国際学生寮「栗田谷アカデメイア」を開設。 ここでは、「神奈川大学ダイバーシティ宣言に基づき、SDGsを推進できる人材を育成する」ことを目的とし、入寮生を対象に「SDGs PBLプログラム」を実施。 身近に潜むさまざまな課題をテーマとし、プログラムに参加した学生の中から、4チームの取り組みを報告します。

【概要】
Team A:Life on Land -栗田谷アカデメイア グリーン計画-…「栗田谷アカデメイアグリーン計画を策定。寮内での家庭菜園や植栽を行い、寮内緑化を推進することで自然を寮内に取り込む。家庭菜園をとおして地域との連携に繋げる。」

クロネコヤマト:13. climate action(気候変更対策)… 「化石燃料利用削減のために、ごみの分別を徹底する。ごみの分別に関する寮内での現状の課題と解決策を考える講習会を実施。」

チームC:オンライン授業に関する調査…「より良いオンライン授業環境をすべての学生に。一人暮らし・実家暮らしの区分でアンケート調査し、自分たちにできる学習環境作りを提案。キャンパスを持たない大学、ミネルバ大学を例に、オンライン授業と寮の融合による学生主体の学習について考察。」

Life Below Water:海の命を守るために…「マイクロプラスチックの認知向上、古紙を利用した油の垂れ流しの阻止、ごみステーションを清潔にする取組みと地域連携、MSC認証の認知向上等をとおして海の命を守る。」

■栗田谷アカデメイア紹介ページ
https://www.kanagawa-u.ac.jp/campuslife/living/akademeia/
■最終発表会お知らせ記事
https://www.kanagawa-u.ac.jp/news/details_21140.html


– 関連するSDGs –

Team A

クロネコヤマト

チームC

Life Below Water

Team A:栗田谷アカデメイアグリーン計画を策定。寮内での家庭菜園や植栽を行い、寮内緑化を推進することで自然を寮内に取り込み、地域との連携に繋げることを目標としました。

クロネコヤマト:「気候変動に具体的な対策を」について考えた際に、世界を変えるためには、自分たちの出来る範囲を変えていくことが最大の近道ではないだろうかと考え、現状の寮内ゴミ分別の未達成に注目し、ゴミの分別講習会を開催しゴミ分別のルール確認を行いました。また、同時にワークショップを開催し、寮生間でゴミの分別及び寮内の風紀について意見を出し合うことで、相互の理解を深め、更に出た意見を伝えるためのポスターの作成、掲示を行い啓蒙活動も行いました。

チームC:私たちはGOAL4の質の高い教育をみんなにというテーマに着目し、現在のオンライン授業に対する学生の考えを調査しました。さらに、栗田谷アカデメイアという男女混住で共有スペースが多い国際寮ではオンライン授業における利点があるのかアンケートをとりました。

Life Below Water:私たちの住む栗田谷アカデメイアと海とのつながりを見出すことから始め、身の回りでできる活動を実践することで海の生物を守ることに貢献しました。

<ご参加申し込み>以下のバナーより参加登録をお願いいたします。

↑↑ ご参加登録はこちらから。無料の登録ですべての企画に参加できます

– 団体情報 –
神奈川大学
URL  https://www.kanagawa-u.ac.jp/

 

関連する企画の一覧