認定NPO法人 世界の医療団

新型コロナウイルス感染拡大防止のため感染予防キット配布

– 認定NPO法人 世界の医療団 活動概要 –

国籍、人種、民族、思想、宗教などのあらゆる壁を越えて、世界各地で「医療」から疎外された人々の支援にあたること、それが私たちの活動です。医療倫理に即しながら医療サービスの提供や地域社会に密着したアプローチの導入を行うことで、医療にまつわる社会的決定要因に影響を与えるべく活動する個人や地域社会を支援します。
また、必要な医療にアクセスできない原因、医療支援を実施する上で障壁となるもの、人権を侵害するものやその現状について「証言」します。
医療サービスへのアクセスを阻むいかなる障壁も存在しない世界、そして医療へのアクセスが一人一人の権利として確立している世界を希求します。

– 本イベントでの企画紹介 –

◇◆◇◆◇◆ オンラインブース ◇◆◇◆◇◆ ⇒ 参加登録はこちら
開催時間:10:00-18:00 (休憩12:30-13:30)

◇◆◇◆◇◆ オンラインセミナー ◇◆◇◆◇◆ ⇒ 参加登録はこちら
開催時間:11:00-12:00
「世界の医療団活動紹介(ハウジングファースト東京プロジェクト)」
ハウジングファーストという支援をご存知ですか。支援の概要と世界の医療団を含む7団体で実施しているハウジングファースト東京プロジェクトは池袋を拠点として活動をしています。コロナ禍で支援を必要としている人が増えている現状と、現在の支援状況をお話しいたします。

開催時間:14:00-15:00
「世界の医療団活動紹介(ロヒンギャ難民コミュニティ支援プロジェクト)」
迫害を受けバングラディシュへのがれたロヒンギャの人々。難民とは。また難民となった人々に必要な支援とは。一緒に考えてみませんか。


– SDGsへのコミット –

– 取り組んでいるSDGsの内容 –

地域に小児医療を根付かせ、5歳未満児の死亡率を下げる(ラオス小児医療強化プロジェクト)

ハウジングファースト東京プロジェクトでは、ホームレス状態にある人々の支援において、安心して暮らせる住まいの確保を最優先とする考え方に基づき、それぞれの専門性をもつ7団体が集まり活動しています。世界の医療団は、プロジェクト全体のコーディネートを担うほか、医療相談会の実施、制作提言活動等を行っています。

– SDGsについて市民へのメッセージ –

私たち世界の医療団の活動は、SDGsが目指す「誰一人取り残さない(leave no one behaind)」社会の実現に貢献します。

<ご参加申し込み>以下のバナーより参加登録をお願いいたします。

↑↑ ご参加登録はこちらから。無料の登録ですべての企画に参加できます

– 団体情報 –
認定NPO法人 世界の医療団 HP
URL https://www.mdm.or.jp/

 

関連する企画の一覧