NGO/NPOとつながる ~地域で活動する団体を紹介~

知る:地域で活動する団体をこのページで紹介しています。活動について知りましょう!
参加する①:TOPページのお知らせ欄で団体が独自に行っているイベント、ボランティア・寄付金募集についてお知らせしています。
参加する②:SDGsよこはまCITYのイベントに参加して団体とつながりましょう!(次回は2022年7月2日(土)開催予定です!)

~2022年7月2日(土)開催のSDGsよこはまCITYのイベントでは~
イベントで、地域で活動するNGO/NPOや国際機関と繋がり活動の内容を知ったり、SDGsについて学べます。
オンラインであるからこそ気軽に、お話を聞いたり質問ができます♪ぷらっと立ち寄るのもOKです!

団体との交流をお楽しみに♪

☆SDGsよこはまCITYの参加団体紹介☆

サムネイル下にオンラインイベント「SDGsよこはまCITY 秋」に向けてのアピール文(★)を順次掲載しています!!

  • COVID-19 多言語支援プロジェクト
    コロナ禍において「日本に滞在する外国人が、安全にかつ安心して日本での生活を続けられるようにすること」に貢献するため下記2点を目標に設立されました。 ①日本語での情報取得が十分にできない外国人が、日本における新型コロナウイルス感染拡大状況、それに伴う政府・行政からの要請の内容等について、多言語で情報を受け取り適切な行動を取れるようにすること ②非常事態における多言語での情報発信の重要性とそのあり方について、一般に広く周知し議論のきっかけを作ること
  • NACEF(ナセフ)
    子供たちの明るい未来のために、看護学生としてアクションを起こすことを目的として設立された団体です。主にはカンボジアの子供たちに向けて衛生教育ならびに保健教育を行っているほか、似た活動に取り組んでいるた団体との意見交換を含めた交流活動にも取り組んでおります。
  • NGO/NPOとつながる ~地域で活動する団体を紹介~
    知る:地域で活動する団体をこのページで紹介しています。活動について知りましょう!参加する①:TOPページのお知らせ欄で団体が独自…
  • NPO イランの障害者を支援するミントの会
    2010年に神奈川県内で暮らすイラン人の車いす利用者であるパシャイ氏が代表者となって NPOイランの障害者を支援するミントの会を設立しました。イランの障害者を支援するために、日本から福祉機器を送り、毎年ホームケアやバリアフリーの専門家を派遣し、技術を伝え交流しています。また、日本とイランの人々の生活や習慣などを伝えあい相互理解を進めています。
  • NPO法人 JECK 国際協力専門家コンサルティング
    ★JECK国際理解セミナーは、ヨルダン、ラオス、カンボジャを紹介してきましたが、今回は①タイでのフィールド調査研究、②南極昭和基地における越冬体験、⓷ガラパゴス諸島で有名なエクアドル及び同国の料理を紹介いたします。ご期待下さい。
  • NPO法人 シニアボランティア経験を活かす会
    ★2004年1月にJICA のシニア海外ボランティア経験者を中心に設立され、2005年10月にNPO法人の認証を受け、国際協力の活動、社会教育の推進を図る活動、子供の健全育成を図る活動を3本の柱に、広く一般市民を対象に、JICA海外協力隊を目指す人や帰国ボランティアへの支援、地方自治体や各種団体が行う国際協力活動での講演会や相談会、小中高校・大学などの各種教育機関での出前授業の実施、海外からの留学生、研修生、児童生徒への支援などの活動を通じて、国際協力、国際理解の増進に寄与することを目的とし、各種国際協力イベントへの参加、外国につながる子どもたちへの支援など様々な事業を展開しています。
  • NPO法人 日本・バングラデシュ文化交流会
    ★NPO法人日本・バングラデシュ文化交流会(JBCEA)は、青年海外協力隊として活動してきた元隊員有志らが集まり、1996年からバングラデシュのインド国境に近いジェソール県シャシャ郡という農村で活動しています。 今回は、学校給食のモデルづくりを行っている小学校の子どもたちのようすや、農村の女性たちに受け継がれてきた伝統刺しゅうのノクシカタ刺しゅうついて、現地から届いた映像や、オンライン中継などもまじえてご紹介します。
  • RCE横浜若者連盟
    RCE横浜若者連盟は、環境教育を通じて「持続可能な開発のための教育」を進めていくことを目的に横浜市内で環境活動を行っている大学生が集まり、2010年に結成された団体です。現在は、環境の視点だけでなくSDGsの視点も加え、「地元愛」をモットーに地域の持続可能性に向けて活動しています。
  • ソンリサ
    WFTO(世界フェアトレード機関)の生産者団体として認定された、南米ボリビアの首都ラパス・エルアルトを拠点として活動するハンドメイド生産者団体より、アルパカ手編みセーター、ポンチョなどの織物を、日本に輸入し卸、直売を行ないフェアトレード製品の普及を行なっています。
  • ノット・フォー・セール・ジャパン
    「現代の奴隷制」と呼ばれる人身取引問題について講演・出張授業・イベント出展・キャンペーン・情報発信等を通じて啓発活動を行っている。また「人身売買禁止ネットワーク(JNATIP)」と「消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワーク(SSRC)」にコアメンバーとして参加し、他のNGOと共に行政との意見交換、人権条約への提言、企業調査と情報発信、セミナー開催等を通して政府や国際機関、企業や消費者に対して働きかけを行っている。
  • みどり国際交流ラウンジ
    横浜市緑区に11番目の国際交流ラウンジとして昨年3月に開所しました。 多文化共生のまちづくりの拠点となるよう活動しています。 相談窓口・日本語ボランティア養成講座や多文化共生を進めるためのイベントを 開催して、誰もが利用しやすく、活動にも参加しやすい施設をめざしています。そして、多文化共生の活動をしている団体等とのネットワークを構築し、横浜を盛り上げたいと思います。
  • モザンビークの学校を支援する会
    1995年、モザンビークの教育事情の改善と将来を担う優秀な人材の育成を通じ、貧困解決に寄与することを目的に設立しました。具体的には日本の民間援助で開校した「モザンビークの太陽中学校・高校」の運営支援を実施しています。教育は等しく万民に与えられるもの、そして教育こそが国の発展、平和に必要と考えています。
  • ワンワールド・ワンピープル協会
    ★3年ぶりのスリランカ。私たちを喜んで迎えた。パイナップルもヨーグルトも美味しいかったけれど、価格は2、3倍に高騰。寄贈幼稚園、井戸、トイレは、ほとんど未完成。生活は大変だ。ホームスティするポロンナルワ農家の庭は、果物、スパイスが生え、日影を作る木には鳥が鳴き、涼しい風が吹き、道行く人は笑顔を交わす、心地よい自然循環型のSDGS生活は不変だった。伝えることが一杯。今度こそ、行こうスリランカ。
  • 国連ウィメン日本協会よこはま
    当会創立は1994年。私たちは国連ウィメン⽇本協会の協⼒協定団体です。UN Womenは、ジェンダー平等と⼥性のエンパワメントを⽬指し、世界中の⼥性や少⼥が安⼼して暮らせるように様々な⽀援プロジェクトを展開しています。 当会は、地域でチャリティーコンサートなどのイベントやショップ運営などの事業を通して募⾦と広報活動をして、その収益⾦は⽇本協会を通じてUN Womenに拠出し、⼥性や少⼥の⾃⽴を⽀援しています。
  • 在日本ルーマニア商工会議所
    2014年にルーマニアと日本及び横浜に様々な意味でゆかりのある人達が集まり、日本とルーマニアの将来を展望し、企業進出を含めたビジネスの仲介や日ルの文化交流の橋渡しを通じ相互発展と異文化交流を目指すために設立されました。
  • 外国人住民基本法の制定を求める神奈川キリスト者連絡会
    ★神奈川外キ連の正式名称は「外国人住民基本法の制定を求める神奈川キリスト者連絡会」。日本に住む外国籍住民の権利問題等に取り組んでいます。
  • 専修大学経済学部国際経済学科飯沼ゼミナール
    飯沼ゼミナールは2004年の開講以来、発展途上国問題を中心に様々な格差の問題を国際的な視点から学ぶ場を提供してきました。国家間・地域間、国内の社会階層間、そしてジェンダーやエスニシティにおける不平等の問題など、ゼミ生たちは関心あるテーマを自由に掘り下げます。この出展では、学生ならではのアプローチでSDGsの課題に多様な角度から取り組みます。
  • 横浜AIDS市民活動センター
    1994年、横浜市で第10回国際エイズ会議が開催され、エイズに対する関心が高まり、横浜の市民活動が盛り上がりました。その翌年1995年7月7日にHIV・エイズの予防啓発活動やボランティア活動の支援を行う「横浜AIDS市民活動センター」が誕生しました。全国でも珍しい施設です。エイズを含む性感染症の情報提供・学校、職場、市民活動団体へのエイズに関する活動協力・青少年や一般市民への予防啓発を行っています。
  • 横浜YMCA
    1844年にイギリス・ロンドンで誕生したYMCA。横浜YMCAは神奈川県内を拠点として、世界120の国と地域にあるネットワークを活かし、互いの存在や個性を認め合い、高め合い、善意や前向きな気持ちによってつながるネットワーク「ポジティブネット」のある豊かな社会を目指して、ウエルネス・スポーツ、語学教育、専門学校、高齢者事業、チャイルドケア、国際協力・交流事業を行っている社会教育団体です。 
  • 横浜隼人高等学校国際語科・インターアクト
    国際語科とインターアクトの生徒で、東日本大震災被災地支援や国際交流、異文化理解をすすめる活動をしています。
  • 特定非営利活動法人 リンクトゥミャンマー
    理事長が2012年から個人レベルで在日ミャンマー人支援活動を継続する中で、「外国人は日本社会にとって必要な労働力になりつつあり、市民として生活している」実態と、「誰かが外国人定住支援を行わないと、日本社会で日本人と外国人の間に齟齬が生まれる可能性がある」現状に気づき、2017年にNPOとして設立しました。日本人とミャンマー人が協力して、在日外国人への定住支援を中心に、文化交流事業、国際協力事業を実施しています。 
  • 特定非営利活動法人 ロオブ ジャパン
    ★LOOB JAPANはフィリピン国際協力NGO LOOBの日本法人です。今秋より現地事務局への日本人学生さんたちの受け入れを再会しました!!なんと2年半ぶり!!オンラインプログラムも楽しいけれども、やはりリアルに勝る体験はなし。未だに感染症の影響がある中で、現地事務局へのインターンを希望し、実際に渡航した学生たちの生の声をお聞きください♪
  • 特定非営利活動法人 光の子どもたちの会
    ★2000年にブラジル北東部の貧しい小さな漁村に地域住民と共に作ったカノア保育園。その活動を支えるために2006年に任意団体として活動がスタートしました。教育を通じて、地域の課題に取り組み、地域住民と共に解決できるように努めています。しかし今、コロナ禍を経て、困難状況が子ども達を襲っています。 「子どもが子どもらしく子ども時代を過ごすためには?」 ぜひ私達と一緒に考えてみませんか?
  • 特定非営利活動法人 国際協力NGO風の会
    風の会は、1999年に宮瀬英治によって設立された、大学生を中心とするNGOボランティアサークルです。 “すべての子供たちが未来への希望を持てる社会”の実現のために、満足な教育を受けることが出来ないカンボジアとラオスの4つの小中学校と一つの孤児院の子供たちに教育支援を行うNPO法人です。 カンボジアやラオスへの支援の他にも、国内の中高生向けに出張授業を行い、カンボジアやラオスの現状や貧困についての授業を行っています。
  • 特定非営利活動法人 地球の木
    1991年から神奈川県において国際協力をテーマに活動する認定NPO法人です。 現在の支援地は、ネパール、ラオス、カンボジア。ネパールにおいては少数民族の子どもたちへの奨学金、教師トレーニングなどの教育支援、ラオスでは少数民族の村の農業支援や森林保全、カンボジアではDV被害の女性や子どもたちのシェルターを対象としています。 国内においては、支援から見えてきた社会的課題について知ってもらうための講座開催等を行っています。主に会員の会費によって運営されています。  
  • 特定非営利活動法人Global Bridge Network
    国境を越え、人と人とをつなぐ「世界の架け橋」となることを目指して活動している国際NPOである。国際支援、国際交流、ビジネス企画などを通して、異文化理解と相互協力の場を作り、お互いの文化や価値観を受け入れられるような友好関係を構築することを目指している。国際支援事業の一環として、ウガンダにて立ち上げた「生理が原因で学校に行けなくなる女の子を救うため、再利用可能な布ナプキン配布」事業を起点に、環境、教育、子ども・女性の支援などの様々な課題解決に取り組んでいる。
  • 特定非営利活動法人ダイヤモンド・フォー・ピース
    ダイヤモンドが人道・環境配慮の上、採掘・カット・製造されることが当たり前の社会を目指し、主にリベリア共和国において採掘労働者の組合化支援や自立支援、国内外におけるダイヤモンドの課題に関する啓発活動などを実施しています。
  • 特定非営利活動法人パレスチナ子どものキャンペーン
    ★日本ではあまり報道されないレバノンやパレスチナの難民の生活や伝統文化、また、現地駐在員からの最新情報や私たちの支援活動についてご紹介します。みなさまのご参加を心よりお待ちしております。  
  • 特定非営利活動法人ふれんどしっぷASIA
    ★ふれんどしっぷASIAは、北タイチェンライ県の「暁の家」を通して、山岳民族ラフ、アカなどの村で生産するコーヒーを購入し、日本で紹介販売しています。村の人々が独自の暮らしを守りながら先祖代々の山の村で暮らしていけることをめざして、「暁の家」は持続可能な農業の支援をしています。コーヒー栽培に取り組み始めて12年目。その活動とコーヒーの魅力をお伝えします。
  • 特定非営利活動法人ラブグリーンジャパン
    1991年よりネパール国において森林保全に貢献しようと8人の仲間で設立しました。同時に姉妹団体ラブグリーンネパールを立ち上げ、以来協働で農村開発事業を実施しています。植林から始め、バイオガス設置、有機野菜栽培を中心とした自然資源の循環型農業を推進しています。現在は、首都カトマンズに近郊のパンチカール市で土壌改善と安全野菜の生産と販売、農業人材の育成を通じて地域の持続可能な発展を目指しています。
  • 神奈川県ユニセフ協会
    神奈川県ユニセフ協会は、世界中の子どもたちの命と健康を守る国連機関であるユニセフ(国際連合児童基金)の活動を支援する団体です。 「誰もが大切なひとり…」 世界のどこに生まれても、すべての子どもが持って生まれた可能性を十分に伸ばして成長できることを願い、ユニセフ国内委員会である公益財団法人日本ユニセフ協会の協定地域組織として、神奈川でできる国際協力活動を行っています。
  • 神奈川県歯科医師会
    ★HIV感染症は抗HIV薬により今や「死の病」から慢性疾患の一つになりましたが、日本ではHIV陽性者に対する誤解や偏見は解消されず、歯科での診療拒否もなくなりません。ベトナムも同様ですが、昨年から始まったJICA草の根技術協力事業を契機にホーチミン市のHIV陽性者の歯科診療が少しずつ動き始めてきました。。ホーチミン市のHIV陽性者の口腔健康の向上を目指したJICA草の根事業の現状について紹介します。
  • 認定NPO法人 ミタイ・ミタクニャイ子ども基金(SMICS)
    ミタイ・ミタクニャイ子ども基金は、青年海外協力隊としてパラグアイで活動していた理事長・藤掛洋子によって1995年に設立され、2020年に認定NPO法人となりました。ビジョンは「みんなに優しい世界をつくる」。パラグアイ農村部における女性のエンパワメントや学校建設、スラム地域での支援活動のほか、学生プロデュースのブランド「SMICS」を通じた伝統工芸品のフェアトレード、日本国内での子どもの居場所づくりにも取り組んでいます。
  • 認定NPO法人WE21ジャパン
    WE21ジャパンは世界で起きている環境破壊・貧困の解決にむけて、気づき、考え、行動していく市民をひろげたい!という神奈川県の女性たちが集まり、1998年から活動に取り組んでいます。物品寄付とボランティア参加で運営する、49店舗のリユース・リサイクル・チャリティショップ「WEショップ」を拠点にして地域の資源のリユース・リサイクルを進めながら、その売上を元にアジアを中心とした世界約30カ国の人びととの民際協力を行っています。またこれらの活動から見えてきた、環境・貧困・人権などさまざまな問題について伝え、学ぶ共育(ともいく)、解決にむけた調査や働きかけを行う政策提言を行なっています。
  • 認定NPO法人開発教育協会
    ★開発教育協会では、2020年に「開発教育基本アクティビティ集3:気候変動」を発行し、様々な学習の場でワークショップを行ってきました。世界中で年々異常気象が発生し、私たちの日常生活の中でも体感的に気候危機を感じる場面が増えています。気候変動による影響や被害を知り、私たち一人ひとりにできるアクションを一緒に考えてみませんか?ぜひ皆さまのご参加を お待ちしています。
  • 野毛坂グローカル
    国内外の学びあい(グローバル+ローカル=グローカル)を通じた「誰ひとり取り残さない」地域コミュニティづくりを主にタイと日本で行っています。 また、若者の「誰ひとり取り残さない」に関する声を社会に発信しています。 


関連する企画の一覧