世界の不思議発見 第2部 ~横浜とインドの関係を知ろう~

インドの打楽器「タブラ」奏者の石田紫織さんから、横浜とインドの深いつながりやインド文化のあれこれをお話しいただきます。

– 配信時間 –

 11:10 – 11:55

– サマリー –

JICAインド人研修員の目から見た驚きの日本を、ナビゲーターのお笑い芸人ジックサン・オーガスティンさんが根掘り葉掘り聞き出します。

戦前から多くのインド商社があった横浜にはインド出身者も多く、横浜市は1965年にムンバイ市と姉妹都市になって以降、さまざまな交流活動を行っており、昨年2020年は姉妹都市提携55周年の年となりました。 今回は横浜を拠点に活動するインドの打楽器のタブラ奏者 石田紫織さんをお迎えして、横浜市とインドのつながり、またインド出身のJICA留学生のキャンパスライフなどを紹介します。

– 講師プロフィール –

石田紫織 タブラ奏者。
Pt.シュバンカル・ベナルジー、U-zhaanに師事。ラビンドラ・バラティ(コルカタの芸術大学)器楽科パーカッション専攻修士課程修了。2002年よりほぼ毎年インドへ渡り、師のもとで修練を重ね、2015年にはインド政府奨学生 (ICCR) として留学、音楽理論や声楽、他の打楽器も学ぶ。インド古典音楽の演奏活動を中心としつつ、Pops,Jazz,Electroなど他ジャンルや、ダンスとのワークにも力を入れている。参加グループ「ヌーベルミューズ」ではパリ国際大学都市日本館で公演、「むゆうじゅ」ではアメリカや台湾での公演など、海外での活動も多数。インドリズムサークル「タールマンダリー」主宰。


– 関連するSDGs –

<ご参加申し込み>以下のバナーより参加登録をお願いいたします。

↑↑ ご参加登録はこちらから。無料の登録ですべての企画に参加できます

– 団体情報 –
JICA 横浜
URL  https://www.jica.go.jp/yokohama/index.html

 

関連する企画の一覧