• 2021年 8月
★イベント

《NFSJ人身取引反対世界デー・キャンペーン2021》 ~イラスト動画「人身取...

SDGsの「目標8ターゲット7」で撲滅を目指している「人身取引」について、より多くの方に知っていただくために、ノット・フォー・セール・ジャパン(NFSJ)では、イラスト動画『人身取引ってなんですか?』(8分50秒)を制作し、公開しました。主人公の大学生タクミ君と一緒に、日本でどんなことが起きていて、私たちに何ができるのか、ぜひ探ってみてください。

地域の団体とのつながり

特定非営利活動法人パレスチナ子どものキャンペーン

1986年からパレスチナやレバノンにて、難民の子どもたちや女性、障がい者を中心に、保健医療、教育などさまざまな分野で支援活動を行っています。 現在、ガザ地区では今年5月の空爆により傷ついた子どもたちの心のケア、生活物資や食料の提供。レバノンでは食糧配布のほか、昨年8月のベイルート港大爆発事故により障がいを受けた人たちへの支援。国内ではイベント開催、会報誌発行、出前授業、パレスチナ刺繍製品の販売等、幅広く活動しています。

地域の団体とのつながり

横浜AIDS市民活動センター

1994年、横浜市で第10回国際エイズ会議が開催され、エイズに対する関心が高まり、横浜の市民活動が盛り上がりました。その翌年1995年7月7日にHIV・エイズの予防啓発活動やボランティア活動の支援を行う「横浜AIDS市民活動センター」が誕生しました。全国でも珍しい施設です。エイズを含む性感染症の情報提供・学校、職場、市民活動団体へのエイズに関する活動協力・青少年や一般市民への予防啓発を行っています。

地域の団体とのつながり

モザンビークの学校を支援する会

1995年、モザンビークの教育事情の改善と将来を担う優秀な人材の育成を通じ、貧困解決に寄与することを目的に設立しました。具体的には日本の民間援助で開校した「モザンビークの太陽中学校・高校」の運営支援を実施しています。教育は等しく万民に与えられるもの、そして教育こそが国の発展、平和に必要と考えています。