横浜AIDS市民活動センター

世界エイズデー in Yokohama 2020 マスコットのコムちゃんと啓発ポスター

– 団体紹介 –

1994年、横浜市で第10回国際エイズ会議が開催され、エイズに対する関心が高まり、横浜の市民活動が盛り上がりました。その翌年1995年7月7日にHIV・エイズの予防啓発活動やボランティア活動の支援を行う「横浜AIDS市民活動センター」が誕生しました。全国でも珍しい施設です。エイズを含む性感染症の情報提供・学校、職場、市民活動団体へのエイズに関する活動協力・青少年や一般市民への予防啓発を行っています。


– SDGsへのコミット –

– 取り組んでいるSDGsの内容 –

横浜AIDS市民活動センター内のさまざまな分野の情報提供の様子

目標3:2030年までに、家族計画・情報・教育及び性と生殖に関する保健サービスがすべての人に適用され、エイズ・結核・マラリアなどの感染症にも対処する。それには科学・人権・多様性・ジェンダー平等にたち、幅広い性教育である「包括的性教育」が広まっていくことが期待される。性は人間関係の中から生まれ、人権や将来の人生設計にかかわる大切なことです。
目標5:ジェンダーの課題が男女だけではなく、ダイバーシティを誰もが享受して行く時代です。これからの社会の子どもたちを支えていくには、大人の意識変化が大切です。
目標10:一人ひとりが大切な存在であることを学ぶことで、自分を守る力と相手を大切にする気持ちが育まれます。

– SDGsについて市民へのメッセージ –

SDGsの目標の中から自分の知りたいことを学び、自分の大切なことに変えてみましょう。 みんなで助け合い、みんなが助けを求められる時代になるために、技術の進歩だけでなく、人々の心の進歩が大切です。だれもが生きやすい社会になるために・・・


– 団体情報 –
横浜AIDS市民活動センター
URL https://yaaic.gr.jp/

 

関連する企画の一覧