認定NPO法人 ミタイ・ミタクニャイ子ども基金(SMICS)

ミタイ・ミタクニャイ子ども基金は、青年海外協力隊としてパラグアイで活動していた理事長・藤掛洋子によって1995年に設立され、2020年に認定NPO法人となりました。ビジョンは「みんなに優しい世界をつくる」。パラグアイ農村部における女性のエンパワメントや学校建設、スラム地域での支援活動のほか、学生プロデュースのブランド「SMICS」を通じた伝統工芸品のフェアトレード、日本国内での子どもの居場所づくりにも取り組んでいます。

専修大学経済学部国際経済学科飯沼ゼミナール

飯沼ゼミナールは2004年の開講以来、発展途上国問題を中心に様々な格差の問題を国際的な視点から学ぶ場を提供してきました。国家間・地域間、国内の社会階層間、そしてジェンダーやエスニシティにおける不平等の問題など、ゼミ生たちは関心あるテーマを自由に掘り下げます。この出展では、学生ならではのアプローチでSDGsの課題に多様な角度から取り組みます。

SDGs PBLプログラム実践発表 ①フードロスをなくそう ②国際寮で防災に備え...

本学国際学生寮「栗田谷アカデメイア」に入寮する学生4グループが、「身近なところから世界を変えていく持続可能な取組みアイデア」をテーマに発表します。 ①フードロスをなくそう ②国際寮で防災に備えよう ③コオロギプロテインが世界を救う~今後起こる飢餓に備えて~ ④教育レベルの高い日本、しかし実際は…

NPO法人 日本・バングラデシュ文化交流会

★NPO法人日本・バングラデシュ文化交流会(JBCEA)は、青年海外協力隊として活動してきた元隊員有志らが集まり、1996年からバングラデシュのインド国境に近いジェソール県シャシャ郡という農村で活動しています。 今回は、学校給食のモデルづくりを行っている小学校の子どもたちのようすや、農村の女性たちに受け継がれてきた伝統刺しゅうのノクシカタ刺しゅうついて、現地から届いた映像や、オンライン中継などもまじえてご紹介します。

[アーカイブ2020]YOKE地球市民講座 第一部

YOKEの小学生学習プログラムに参加した2校の児童が、YOKEが独自に開発した「YOKEよこはま子どもSDGsプラス1」を取り入れて、学習活動に取り組んだことを報告し、交流します。また、ESDの推進校である中学校も応援参加し、中学校の取組を紹介しします。YOKEが開発した子どもSDGs、国際都市横浜の取組などについても紹介します。最後にSDGsに思いを込めたチアリーディングで明るく元気に締めくくる予定です。

NPO法人 シニアボランティア経験を活かす会

★2004年1月にJICA のシニア海外ボランティア経験者を中心に設立され、2005年10月にNPO法人の認証を受け、国際協力の活動、社会教育の推進を図る活動、子供の健全育成を図る活動を3本の柱に、広く一般市民を対象に、JICA海外協力隊を目指す人や帰国ボランティアへの支援、地方自治体や各種団体が行う国際協力活動での講演会や相談会、小中高校・大学などの各種教育機関での出前授業の実施、海外からの留学生、研修生、児童生徒への支援などの活動を通じて、国際協力、国際理解の増進に寄与することを目的とし、各種国際協力イベントへの参加、外国につながる子どもたちへの支援など様々な事業を展開しています。

特定非営利活動法人 地球の木

★地球の木は、1991年に設立された国際協力団体です。 国際協力活動では「社会的に弱い立場におかれた人たちが、自らの権利を知り、未来を自分たちの力で切り開いていけるよう、教育や地域づくりのあり方を共に考え、対等な立場で支援をおこなうこと」をミッションとしています。 今回は、ネパールプログラムから「過去15年の支援による女性たちの変化」、ラオス図書プログラムから「応用研修による学校図書室の成長」をお伝えします。   

特定非営利活動法人ふれんどしっぷASIA

★ふれんどしっぷASIAは、北タイチェンライ県の「暁の家」を通して、山岳民族ラフ、アカなどの村で生産するコーヒーを購入し、日本で紹介販売しています。村の人々が独自の暮らしを守りながら先祖代々の山の村で暮らしていけることをめざして、「暁の家」は持続可能な農業の支援をしています。コーヒー栽培に取り組み始めて12年目。その活動とコーヒーの魅力をお伝えします。