共生のまちづくりネットワークよこはま

薬局を訪問し多言語版おくすり手帳に協力していただきました

– 活動概要 –

横浜市は国際性豊かな都市を形作っています。その一方で地域住人として外国人のニーズも多様化し解決すべき課題も多くなっています。この課題解決のために、行政や学校企業等とのネットワークづくりを進め、誰もが安心して暮らせる
「共生のまち」を実現することが目的です。これからも、様々なプロジェクトを実施し地域で必要とされる活動を探ります。

– 本イベントでの企画紹介 –

◇◆◇◆◇◆ ミニセミナー ◇◆◇◆◇◆ ⇒ 参加登録はこちら
開催時間:13:00-13:45
「「わたしのおくすり手帳」のはなし 多言語版おくすり手帳とは?」
概要:日本語がわからない外国人のため、十分な医療や防災についての情報を提供することを目指して多言語版おくすり手帳を作製し普及活動を進めています。多言語版おくすり手帳の内容の紹介とともに、日本人も気づかなかったおくすり手帳の必要性をいっしょに考えましょう。


– SDGsへのコミット –

– 取り組んでいるSDGsの内容 –

外国人が活躍している市民団体に多言語版おくすり手帳を贈呈

外国人も安心して医療が受けることができるまちづくりを目指して多言語版おくすり手帳を作製して普及活動を進めている。

– SDGsについて市民へのメッセージ –

できるだけ多くの市民や行政、企業がこのキャンペーンに参加し輪を大きく広げ、共有の意識を

<ご参加申し込み>以下のバナーより参加登録をお願いいたします。

↑↑ ご参加登録はこちらから。無料の登録ですべての企画に参加できます

– 団体情報 –
共生のまちづくりネットワークよこはま
URL http://kyomachi-y.sakura.ne.jp/wp/http://kyomachi-y.sakura.ne.jp/wp/

 

関連する企画の一覧