特定非営利活動法人 国際協力NGO風の会

★風の会は、カンボジア・ラオスの教育支援などを行う国際協力NGO団体です。早稲田大学の学生を中心としたメンバーで構成されています。全ての子どもたちが希望を持てる社会を目指して活動を続けています。3年ぶりのカンボジア渡航で見たこと、感じたことを皆さんにお伝えし、これからの支援で必要なことを考えていきます!

神奈川県歯科医師会

★HIV感染症は抗HIV薬により今や「死の病」から慢性疾患の一つになりましたが、日本ではHIV陽性者に対する誤解や偏見は解消されず、歯科での診療拒否もなくなりません。ベトナムも同様ですが、昨年から始まったJICA草の根技術協力事業を契機にホーチミン市のHIV陽性者の歯科診療が少しずつ動き始めてきました。。ホーチミン市のHIV陽性者の口腔健康の向上を目指したJICA草の根事業の現状について紹介します。

NPO法人 日本・バングラデシュ文化交流会

★NPO法人日本・バングラデシュ文化交流会(JBCEA)は、青年海外協力隊として活動してきた元隊員有志らが集まり、1996年からバングラデシュのインド国境に近いジェソール県シャシャ郡という農村で活動しています。 今回は、学校給食のモデルづくりを行っている小学校の子どもたちのようすや、農村の女性たちに受け継がれてきた伝統刺しゅうのノクシカタ刺しゅうついて、現地から届いた映像や、オンライン中継などもまじえてご紹介します。

認定NPO法人開発教育協会

★開発教育協会では、2020年に「開発教育基本アクティビティ集3:気候変動」を発行し、様々な学習の場でワークショップを行ってきました。世界中で年々異常気象が発生し、私たちの日常生活の中でも体感的に気候危機を感じる場面が増えています。気候変動による影響や被害を知り、私たち一人ひとりにできるアクションを一緒に考えてみませんか?ぜひ皆さまのご参加を お待ちしています。

NPO法人 シニアボランティア経験を活かす会

★2004年1月にJICA のシニア海外ボランティア経験者を中心に設立され、2005年10月にNPO法人の認証を受け、国際協力の活動、社会教育の推進を図る活動、子供の健全育成を図る活動を3本の柱に、広く一般市民を対象に、JICA海外協力隊を目指す人や帰国ボランティアへの支援、地方自治体や各種団体が行う国際協力活動での講演会や相談会、小中高校・大学などの各種教育機関での出前授業の実施、海外からの留学生、研修生、児童生徒への支援などの活動を通じて、国際協力、国際理解の増進に寄与することを目的とし、各種国際協力イベントへの参加、外国につながる子どもたちへの支援など様々な事業を展開しています。

特定非営利活動法人 地球の木

★地球の木は、1991年に設立された国際協力団体です。 国際協力活動では「社会的に弱い立場におかれた人たちが、自らの権利を知り、未来を自分たちの力で切り開いていけるよう、教育や地域づくりのあり方を共に考え、対等な立場で支援をおこなうこと」をミッションとしています。 今回は、ネパールプログラムから「過去15年の支援による女性たちの変化」、ラオス図書プログラムから「応用研修による学校図書室の成長」をお伝えします。   

特定非営利活動法人ふれんどしっぷASIA

★ふれんどしっぷASIAは、北タイチェンライ県の「暁の家」を通して、山岳民族ラフ、アカなどの村で生産するコーヒーを購入し、日本で紹介販売しています。村の人々が独自の暮らしを守りながら先祖代々の山の村で暮らしていけることをめざして、「暁の家」は持続可能な農業の支援をしています。コーヒー栽培に取り組み始めて12年目。その活動とコーヒーの魅力をお伝えします。