みどり国際交流ラウンジ

開所して1周年のお祝いオンラインイベントを開催しました。

◇◆◇ SDGsよこはまCITY 夏 出展情報 ◇◆◇

「SDGsよこはまCITY~みどりと多文化共生のまちづくり~」
時間:10:00~12:00
内容:セミナー・報告会
概要:
・第1部~緑区のインド人コミュニティー~
   出演者:インド出身3名
   テーマ:インド人のコミュニティの状況、日本人との交流
       
・第2部~農・緑・人のまちづくりと外国人~
   出演者:ベトナム出身、中国出身、インド出身、日本人
   テーマ:活動紹介、母国の方と野菜をとおして交流

・第3部~「緑」がかけはし!今後の多文化共生のまちづくり~
   出演者:みどり国際交流ラウンジ
   テーマ:第1部,第2部の感想とディスカッション、今後の 
       活動に向けて          

参加登録はこちらから。無料の登録ですべてのプログラムに参加できます

– 団体紹介 –

横浜市緑区に11番目の国際交流ラウンジとして昨年3月に開所しました。 多文化共生のまちづくりの拠点となるよう活動しています。 相談窓口・日本語ボランティア養成講座や多文化共生を進めるためのイベントを 開催して、誰もが利用しやすく、活動にも参加しやすい施設をめざしています。そして、多文化共生の活動をしている団体等とのネットワークを構築し、横浜を盛り上げたいと思います。


– SDGsへのコミット –

– 取り組んでいるSDGsの内容 –

セネガル出身のディウフさんを講師に迎えて国際理解のまちづくり

目標10 横浜市緑区には4349人(2022年4月現在)の外国人が住んでいます。誰もが暮らしやす地域になるためには、それぞれの国や地域の言葉や文化・習慣が異なってもお互いに認め合い理解し合うことが大切です。そのために、不平等な意識を持つことではなく、誰もが地域の担い手として対等な立場で活動できるような地域を目指しています。

– SDGsについて市民へのメッセージ –

このところ、テレビ等の情報媒体を通して、SDGsを伝えていることが多いように感じます。組織や団体にとっては、特別に意識していなくてもSDGsにつながる何らかの活動をしているのではと思います。そして、個人でもちょっと考えると、同じようにSDGsを当たり前のように行っている人も多いのではないでしょうか。SDGsよこはまCITYに参加すると、誰もが一緒になってSDGsを考えていることを実感します。


– 団体情報 –
みどり国際交流ラウンジ
URL http://midori-lounge.com

 

関連する企画の一覧