JICA×企業「JICA中小企業海外展開支援事業によるバングラデシュにおける自...

気候変動による異常気象に伴い洪水の多発や海水面上昇で衛生的な飲料水の確保が難しくなり、また、感染症予防の観点からも衛生的な水による手洗いの重要性が再認識されています。このような中、日本べーシックは、自転車一体型浄水装置の組立をバングラデシュにJICAの支援事業を通じ技術移転し、現地化を可能にしました。そして、この安価な現地品の現地での幅広い普及を目指しています。

横浜YMCA

イベントに集う皆さんとともに、YMCAを通じて世界の仲間とつながる機会とします。横浜YMCAの国際協力事業は、現地のYMCAがカウンターパートとなり、協働プロジェクトとして運営しています。タイ・バンコクYMCAと実施している児童保護プロジェクト「プロテクト・ア・チャイルド」のプロジェクトサイトをオンラインで中継します。北タイにあるYMCAパヤオセンターより、スタッフ、子どもたちから現地の状況を伝えます。(日本語通訳付き)

NPO法人 JECK 国際経協力専門家コンサルティング

JECK会員は、海外大学の教育・研究支援をしてきた。(ヨルダン大学、マレーシア日 本国際工科院等)一方国内では、横浜国立大学、関東学院大学、明治学院大学、立命 館大学等に、「国際協力の現場」のタイトルで講座を受託しJECK会員が講義した。 この経験、実績をSGD’sの切り口からプレゼンテーションし、異文化交流、国際交流、 多様性の認識の重要性にも言及する。

国際熱帯木材機関

企画の紹介:持続可能な開発目標の達成に向けた熱帯林の役割 森林は人々の暮らしや環境の保全に関わる多様な役割を果たしています。気候変動の緩和など持続可能な開発目標(SDGs)を地球規模で達成するためには、熱帯地域の国々と共に熱帯林の持続可能な経営や合法的な木材利用を進めることが不可欠であります。セミナーでは、SDGsの達成に向けた熱帯林の役割や国際熱帯木材機関(ITTO)の活動をご紹介させていただきたいと思います。

ワンワールド・ワンピープル協会

スリランカ農村ホームスティで、SDGS生活ー鳥の囀りで目覚め、庭の食材を使ったカレーを食し、笑顔を交わし、ユッタリとトイレ、水供給の施設作りー ブースは出入り自由。実際のブースの様に参加を申込むと私たちメンバーが出てきて対応します。10時~11時はカレー作り、15時はトイレ、水供給施設を作っているスリランカから中継。その他ホームスティなど様々な活動コーナーへ案内。親子で楽しめるクイズも用意して待っています。

認定NPO法人 世界の医療団

世界の医療団 は世界16か国のネットワークでつながり、58か国において193のプログラムを実施しています。紛争は自然災害などの緊急支援だけでなく、機器が去ったあとに現地医療の回復を支援する長期プログラムも行っています。そのなかで日本が現在実施している3プロジェクト、ロヒンギャ緊急医療支援、ラオス小児医療強化プロジェクト、ハウジングファースト東京プロジェクトの3つを動画等でご紹介いたします。