認定NPO法人 ミタイ・ミタクニャイ子ども基金(SMICS)

ミタイ・ミタクニャイ子ども基金は、青年海外協力隊としてパラグアイで活動していた理事長・藤掛洋子によって1995年に設立され、2020年に認定NPO法人となりました。ビジョンは「みんなに優しい世界をつくる」。パラグアイ農村部における女性のエンパワメントや学校建設、スラム地域での支援活動のほか、学生プロデュースのブランド「SMICS」を通じた伝統工芸品のフェアトレード、日本国内での子どもの居場所づくりにも取り組んでいます。

SDGs PBLプログラム実践発表 ①フードロスをなくそう ②国際寮で防災に備え...

本学国際学生寮「栗田谷アカデメイア」に入寮する学生4グループが、「身近なところから世界を変えていく持続可能な取組みアイデア」をテーマに発表します。 ①フードロスをなくそう ②国際寮で防災に備えよう ③コオロギプロテインが世界を救う~今後起こる飢餓に備えて~ ④教育レベルの高い日本、しかし実際は…

<アフリカ3カ国同時中継>JICA横浜企画展示連動イベント「JICA×スポーツ...

ユニークな着眼点でアフリカで独自の支援を行っているA-GOALプロジェクトの皆さんに参加いただき、現地での活動などについてお話いただきます。新型コロナウイルス感染拡大の影響を大きく受けているアフリカ。このような中スポーツが持続可能な開発目標(SDGs)の達成に、どのような役割を果たすことができるのでしょうか? アフリカ各国で実際に活動しているプロジェクトメンバーやカウンターパートも参加し、現地の様子をお伝えします。

NPO法人 日本・バングラデシュ文化交流会

★NPO法人日本・バングラデシュ文化交流会(JBCEA)は、青年海外協力隊として活動してきた元隊員有志らが集まり、1996年からバングラデシュのインド国境に近いジェソール県シャシャ郡という農村で活動しています。 今回は、学校給食のモデルづくりを行っている小学校の子どもたちのようすや、農村の女性たちに受け継がれてきた伝統刺しゅうのノクシカタ刺しゅうついて、現地から届いた映像や、オンライン中継などもまじえてご紹介します。

神奈川県ユニセフ協会

神奈川県ユニセフ協会は、世界中の子どもたちの命と健康を守る国連機関であるユニセフ(国際連合児童基金)の活動を支援する団体です。 「誰もが大切なひとり…」 世界のどこに生まれても、すべての子どもが持って生まれた可能性を十分に伸ばして成長できることを願い、ユニセフ国内委員会である公益財団法人日本ユニセフ協会の協定地域組織として、神奈川でできる国際協力活動を行っています。

ワンワールド・ワンピープル協会

★3年ぶりのスリランカ。私たちを喜んで迎えた。パイナップルもヨーグルトも美味しいかったけれど、価格は2、3倍に高騰。寄贈幼稚園、井戸、トイレは、ほとんど未完成。生活は大変だ。ホームスティするポロンナルワ農家の庭は、果物、スパイスが生え、日影を作る木には鳥が鳴き、涼しい風が吹き、道行く人は笑顔を交わす、心地よい自然循環型のSDGS生活は不変だった。伝えることが一杯。今度こそ、行こうスリランカ。

特定非営利活動法人 ロオブ ジャパン

★LOOB JAPANはフィリピン国際協力NGO LOOBの日本法人です。今秋より現地事務局への日本人学生さんたちの受け入れを再会しました!!なんと2年半ぶり!!オンラインプログラムも楽しいけれども、やはりリアルに勝る体験はなし。未だに感染症の影響がある中で、現地事務局へのインターンを希望し、実際に渡航した学生たちの生の声をお聞きください♪