COVID-19 多言語支援プロジェクト

コロナ禍において「日本に滞在する外国人が、安全にかつ安心して日本での生活を続けられるようにすること」に貢献するため下記2点を目標に設立されました。 ①日本語での情報取得が十分にできない外国人が、日本における新型コロナウイルス感染拡大状況、それに伴う政府・行政からの要請の内容等について、多言語で情報を受け取り適切な行動を取れるようにすること ②非常事態における多言語での情報発信の重要性とそのあり方について、一般に広く周知し議論のきっかけを作ること

特定非営利活動法人ダイヤモンド・フォー・ピース

★「ダイヤモンド」と聞いてどのようなイメージを思い浮かべますか? 古くから永遠の愛の象徴として結婚指輪などの宝飾品に使用され、今日では工業用としてコンクリートや半導体部品の切断・研磨など、私たちの生活に欠かせない製品に多く使用されています。 そんなダイヤモンドには、採掘に関わる人々の貧困問題や人権問題、環境問題などのさまざまな問題が存在しています。私たちと一緒にぜひこの問題を考えてみませんか?

在日本ルーマニア商工会議所

★在日本ルーマニア商工会議所では、昨年よりルーマニアのオラデア市にある「日本文化センター」の協力のもとに「横浜こども大使プロジェクト」を展開している。これまでZOOMを通して両市の紹介のほか、ルーマニアでも関心の高い日本のアニメの紹介や日本を代表する書道の手ほどきなどのプログラムを実施し、相互理解を深めてきた。今後、異文化紹介を通じて国際社会の平和に向けて活発に事業の展開を図る予定。