特定非営利活動法人ふれんどしっぷASIA

暁の家がコーヒー栽培を支援する北タイ・サンクラン村の農民

– 団体紹介 –

1990~2000年代に行われたフィリピン・タイへの体験学習の参加者が、つながりを持った人々への支援と交流を行いたいと集まった団体です。現在は、主にフィリピン中部西ネグロス州と北タイチェンライ県の現地団体の活動を支援しています。内容は、貧困家庭、少数先住民を対象とした青少年活動、学用品支給や奨学金、持続可能な山村づくりなどです。


– SDGsへのコミット –

– 取り組んでいるSDGsの内容 –

北タイ高地民の村の持続可能性向上につながる有機栽培コーヒー

特に力を入れているのが「12つくる責任つかう責任」と「15陸の豊かさを守ろう」です。北タイのパートナーである暁の家は、山岳民族の子どもたちが平地の学校(当時、山村にはなかった)に通うための通学寮が活動の始まりでした。しかし、その山村の生活を持続可能にしなければ問題は解決しないとして、有機無農薬でのコーヒーづくりを呼びかけました。それから10余年、森を焼き、化学肥料と農薬を多用して市場用の野菜を作っていた農家数軒が、果樹・茶樹混植のコーヒー栽培を行い、1年を通して一定の収入を得ています。  
一方、消費者の私たちは、安く、おいしく、製品が安全であればよいというコーヒー選びをしてきました。北タイ産のコーヒーを紹介しながら、作る村、作る人、作り方のストーリーを想像するというワクワク感のある買い物を提案しています。

– SDGsについて市民へのメッセージ –

私たちの暮らす社会は私たちを幸せにしているでしょうか?これを考える世界共通の合言葉がSDGsだと思っています。ふれんどしっぷAISAは小さな団体で支援先に経済的、社会的に大きなインパクトを与える活動はできません。友人として続けられる「わかちあい」を活動の基本とし、お互いに幸せになれる関係づくりをめざします。例えば、コーヒーの選び方を変えれば (12つくる責任つかう責任)豊かなわかちあいになり、社会を変える力になると考えます。


☆開催実績☆
◇◆◇◆◇◆ SDGsよこはまCITY 2020 ◇◆◇◆◇◆ 
オンラインセミナー:「しあわせのコーヒー~北タイ山岳民族の村から」
概要:あなたのコーヒータイムはハッピーですか?そのコーヒーの生産者を知っていますか?彼らもハッピーでしょうか?北タイ山岳民族の村で作る有機無農薬栽培コーヒーを日本で紹介し始めて9年目になります。このコーヒーは村人を野菜栽培の重労働や化学肥料、農薬の高コストから解放し、安定した副収入をもたらしています。このプロジェクトを管理する中野穂積さんもチェンライから参加します。コーヒータイムをさらに豊かに。

– 団体情報 –
特定非営利活動法人ふれんどしっぷASIA HP
URL http://ameblo.jp/friendshipasia/

 

関連する企画の一覧