NPO法人 日本・バングラデシュ文化交流会

地域のお母さんたちと協力して、大豆を使った学校給食を提供

– 団体紹介 –

バングラデシュで活動した青年海外協力隊有志が中心となって、現地の人々の生活向上を目指して協力活動や交流活動を行っています。 バングラデシュ西南部ジェソール県シャシャ郡にパートナー団体であるNGOがあり、「学校給食プログラム」「大豆栽培・普及プログラム」「刺しゅう製品製作販売プログラム」を支援し、暮らしの中で育まれたそれぞれの国の文化を取り入れることで、お互いの生活が健やかになることをめざしています。


– SDGsへのコミット –

– 取り組んでいるSDGsの内容 –

子どものための活動で、お母さん同士のつながりも強くなります。

農村の子どもたちの栄養不足を改善するために、小学校の給食プログラムを実施(1.2.4)
バランスのよい食生活をめざした大豆の栽培と普及プログラム(2.5.8)
刺しゅう生産をとおした女性の生活向上と伝統文化を守るプログラム(5.8.11)
暮らしの中で育まれたバングラデシュと日本のそれぞれの文化を活かした交流(10.16.17)

– SDGsについて市民へのメッセージ –

国や立場が違っても、子どもも女性も、誰一人取り残すことなくみんなが健やかに暮らせる社会を作るために、まずお互いを知り連帯して相互の知恵を活かすことが必要です。 どこの国でも、お母さんたちの共通の願いは子どもたちの健やかな成長です。その共通の思いでバングラデシュのお母さんたちとつながることで、バングラデシュだけでなく、日本の私たち自身も自分たちの暮らしを見直し、より豊かで実りある暮らしを目指します。


– 団体情報 –
NPO法人 日本・バングラデシュ文化交流会
URL https://jbcea.jimdo.com/

 

関連する企画の一覧